2009年04月18日

夜の日仏学院でお相撲さんと遭遇【神楽坂百景色その182】

IMG_4280.JPG

陽が落ちてから日仏学院をふらりと訪れると庭がいつもと違う光景に。
迫力ある写真たちはお相撲さんです。一番左の写真は「マゲ」ですね。
5月11日(月) まで。
それにしてもこういう大きい見せ方、好きだなあ!
全ての写真をものすごく大きく引き延ばして展示する、そういう写真展、いいなあ。もちろん、画質、会場や費用の問題がからんでくるから現実的にはそう簡単にはいかないのでしょうけれど。出力だけで何万、何十万?するかもしれませんね。
でも見る人にはものすごいインパクトだろうなあ、、、。
私もいつか?!いやそんなことは夢にも思っていません!
なぜならこのWEBサイトが私の「開催期間半永久的?、定休日なし、24時間営業の無料写真展、ギャラリー」ですから!(笑)

★「お相撲さん」 フィリップ・マリニグ写真展
http://www.institut.jp/agenda/evenement.php?evt_id=1380
★日仏学院
http://www.institut.jp/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

外堀公園から総武線を【神楽坂百景その181】

IMG_4236.JPG

外堀公園をぶらぶら。

日々の徒然。
★先日ボランティアに初参加した、と書くと何だかこれ見よがしに聞こえるかもしれないが、自分の記録のために書いておきたい。

老人ホームの利用者の方がお花見に行く際の車イスの介助をさせて頂いた。全員揃って外出することはめったにないそうなので、皆さんとても楽しみにしていたそうだ。車イスの講習会ではじめて車イスに乗り、地面のでこぼこが振動として想像以上に自分に伝わってきて驚いた。それから「お花見で外出する」ということで、ホームの女性の皆さんにお化粧をさせて頂いた。ボランティアの主幹事企業の中の某化粧品メーカーのご指導の下、お一人お一人のお気持ち、「派手にしないでね」「アイシャドーはいいわ」等を尊重しながら、お花見に似合う春らしいメイクをさせて頂いた。最初は「私はいいわ」とおしゃっていた利用者の方もメイクが終わって鏡でご自身のお顔を見ると「アラ、女優さんがいるわ」とにこにこ笑顔になっていた。メイクの力はすごいと思った。
桜が咲き誇る某公園まではホームから徒歩5分といったところだが、段差、坂道が多く、また車の往来も頻繁なため、周りの様子に注意を払いながらの車イスの介助は15分くらいかかり、せめて老人ホームのまわりだけでもバリアフリーにならないものかと感じた。公園で利用者の方とお菓子とジュースを飲みながらのお花見は、ぽかぽか天気の中、心地よい風がほおを伝うとても気持ちのいいものだった。帰り道、独りよがりになっていなかったかな、私でも少しはお役に立てたのかなあ、、、と自問自答しながら帰宅の途についた。


posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

升本酒店【神楽坂百景その180】

IMG_3922.JPG

「看板を撮っていらっしゃるの?こちらはずっと昔から続いている酒屋さんなのよ」

と、私が写真を撮る傍らで信号を待っていた、品のあるご婦人に話かけられました。

posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

ジョルジュ・サンドで“ジュルジュ・サンド”【神楽坂百景その179】

IMG_3898 のコピー.JPG

こちらのお店の店名の由来となった、19世紀フランス文学を代表する女流小説、George Sand(ジョルジュ・サンド)の本が置いてありました。

下記「神楽坂百景」内の写真です。
★ジョルジュ・サンド【神楽坂百景その175】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/115301514.html

★焼き菓子&サロン・ド・テ ジョルジュ・サンド
http://www17.ocn.ne.jp/~dubar/gs/
★吉村葉子オフィシャルサイト
http://www.yokoyoshimura.com/index.html
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

神楽坂通りから高層マンションを写す【神楽坂百景その178】

IMG_3883.JPG

これも様々な顔を持つ神楽坂のひとコマ。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

うす沢のそばちょこ【神楽坂百景その177】

IMG_3927.JPG

どのそばちょこにしようかな。
こちらで購入できる「銀亭」のパン、絶品です。
人生で一番美味しいパンだと思いました。
もっちもちで弾力があり、小麦の味がします。
朝、この食パンをゆっくり味わうためだけに早起きできます。

★うす沢
http://usuzawa.com/index.php
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 神楽坂 和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

アディダスジャパン【神楽坂百景その176】

IMG_3913.JPG

ビルの側面の巨大ポスターを立ち止まって読む。

日々の徒然。

★嬉しかったこと。人生の先輩に、私の過去を振り返って実はあのときは悲しくて孤独だった時期だったと伝えると、こんなアドバイスをもらいました。

「あなたの周りにもいろんな事があるでしょうけど、それが『生きてる』ってことです。」

と。
私にとっては目からウロコ、コペルニクス的転回な言葉でした。気休めのうわべだけの言葉や一緒に同情してくれるような言葉でなく、「目の前のことがらを肯定して現実を見て、乗り越えて、強くしっかり生きていきなさい」と全く違う観点からのものごとの見方を気づかされて、ポンと背中を押された気分でした。そうですよね、不条理なことも棚からぼたもち的なこともすべて「生きている」からこそ、のことですよね。ところで私は周りの人たちにこんな風に有意義かつ本質的なアドバイスをしているでしょうか。…きっとしていないと思います。…人生経験を積んで、こういうアドバイスができる人になりたいものです。

★「こういう人になりたい」といえば、会社で以前から「仕事をいつも効率化、工夫していて賢いなあ」と思っているZさんがいます。それから最近、他部署で一度一緒に仕事をしただけですが「このコミュニケーション能力は何なんだ!」と圧倒されたX氏がいます。その女性は仕事ができるだけでなく、同僚、上司、他部署からも「信頼」されています。X氏はすこぶる仕事・人柄の評判がよく、顔が広くてこちらの方も他部署から「信頼」されているとか。

私はなぜこの2人が「信頼」されているのか分析してみた。(注意:今日はちょっとばかりヒマだったから)

この2人に共通しているのは「相手の気持ちを読みとる力とコミュニケーション能力が高い」ということ。相手の言動から、すぐさま相手の心の動きを想像し、レスポンスよく受け答えすることができるのです。つまり、相手にとってみたら意識、無意識のなかで「私のことを考えてくれてる〜」という感動がある。当人は気づいていないと思うが、そうやってどんどん相手の懐に入っていくことができる。聞くところによるとZさんは小さいころからガールスカウトに入っていたという。様々な年代のひとたちと一緒に行動することでそういった能力が知らず知らずのうちに身に付いたのでしょう。また、ガールスカウトでキャンプを何十回と経験するなかで厳しい自然環境とモノが限られた場所では「工夫すること」は当たり前のことなんだとか。X氏とはあれから接触していないので詳しく聞く事ができないのですが、その機会を虎視眈々と狙っている私です。こういうことはいくら本をたくさん読んだって身に付かない。いろんな人と交わって実践あるのみだ。

★アディダスジャパン
http://www.adidas.com/jp/corporate/01company/index.asp
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

ジョルジュ・サンド【神楽坂百景その175】

IMG_3894.JPG

こちらのお店は20年のフランス滞在経験からフランス関係の本を何冊も出されている作家、「吉村葉子」さんのお店。
ティーセットを頂く。
紅茶はウバをチョイス、お菓子はカトルカールとヌガーグラス(アイスクリーム)。
素朴で懐かしい味わいのカトルカール。
ヌガーグラスは私の大のお気に入り。
以前食べたマロングラスも絶品でした。
レシピを教えてもらいたいくらい好きな味。
店名の「George Sand(ジョルジュ・サンド」とは
「19世紀フランス文学を代表する女流小説家の名前」だそうです。

★焼き菓子&サロン・ド・テ ジョルジュ・サンド
http://www17.ocn.ne.jp/~dubar/gs/

★吉村葉子オフィシャルサイト
http://www.yokoyoshimura.com/index.html
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

3月の外堀通り【神楽坂百景その174】

IMG_3855.JPG

あと数週間でサクラサク。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

かくれんぼ横丁のかみくら【神楽坂百景その173】

IMG_3833.JPG

「お箸で食すフレンチ」だそうです。

★かみくら
http://www.kamikura.info/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 かくれんぼ横丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

軽子坂【神楽坂百景その172】

IMG_3845.JPG

軽子坂。ギンレイホールで映画が観たい。
そういえばまだギンレイの写真を撮っていなかった。

★ギンレイホール
http://www.ginreihall.com/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

陶柿園【神楽坂百景その171】

IMG_3851.JPG

坂に斜めに立っているのがよくわかります。

日々の徒然。
年初に今年の目標を立てようと思ったのだが、なぜだかさっぱり思い浮かばなかった。無理矢理目標を立てるのも本意ではないなあとゆるゆると過ごしていたら、2月に入って以前から頭の片隅にあったことのいくつかを実現したいと強く思うようになった。
今年の目標は「Y字バランスができるようになる」「アロマテラピーの勉強をする」にしよう。Y字バランスはなんとか形になる、程度にはできる。これを綺麗な形にできるようにしたい。重要なのは日々の柔軟体操を続ける、ということ。クラシックバレエを習いはじめてかなり年数が経つが、今までの教室では発表会には出ない主義で現在のクラスはそういったものがない、という状況。なのでこの辺りで目に見える形で何か「証拠」を残したいという気持ちがわいてきた。それにしてもクラシックバレエを初めてから自分の体は明らかに変わったと思う。関節の可動域が広がった、体を動かすことが好きになった、体の中心を意識するようになった・・・等々。習い始めて3年を過ぎたあたりから「体が会得してきている」という実感があり、「継続は力なり」だなあと小躍りして喜んだ。クラシックバレエは死ぬまで続けたい。「アロマテラピー」は「癒されたい」というよりも、私の場合はもっと実学的な恩恵を受けたいという要素が強い。例えばホルモンバランスが崩れたときに自然療法であるアロマの力を借りて不快な症状を緩和できたらなあと思った。特技のハンドマッサージもアロマオイルを使ったらきっともっと喜ばれると思う。ある程度知識を得たらハンドマッサージ講習会に行く予定。今年、あと10ヶ月。時は金なり、がんばろう!!

★陶柿園
http://shinjukuku-kushouren.net/itten/tosien/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

店先のミモザ、まかないこすめにて【神楽坂百景その170】

IMG_3838.JPG

ふわふわの小さなお花たち。
次々に咲き誇る、目にも鮮やかな黄色いお花に元気をもらいました。

★まかないこすめ
http://www.e-makanai.com/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

開店前のル・ブルターニュ【神楽坂百景その169】

IMG_3673.JPG

言わずと知れた「そば粉のガレット」のお店。
行列ができていることもしばしば。
開店前だったので人目を気にせず、パチリ。

★ル・ブルターニュ(神楽坂店)
http://www.le-bretagne.com/j/lebretagne.html
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

トライブスの壁画【神楽坂百景その168】

IMG_3662.JPG

アフリカ料理のお店。
この壁画はお店の方がご自身でペイントしたそうだ。

★トライブス
http://www.tribes.jp/index.php
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 路地裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。