2010年08月15日

2010年8月の神楽坂通り【神楽坂百景その204】

IMG_1210.JPG

2010年の夏は記録的な猛暑です。

★神楽坂通り商店会
http://www.kagurazaka.in/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

外堀公園から総武線を【神楽坂百景その181】

IMG_4236.JPG

外堀公園をぶらぶら。

日々の徒然。
★先日ボランティアに初参加した、と書くと何だかこれ見よがしに聞こえるかもしれないが、自分の記録のために書いておきたい。

老人ホームの利用者の方がお花見に行く際の車イスの介助をさせて頂いた。全員揃って外出することはめったにないそうなので、皆さんとても楽しみにしていたそうだ。車イスの講習会ではじめて車イスに乗り、地面のでこぼこが振動として想像以上に自分に伝わってきて驚いた。それから「お花見で外出する」ということで、ホームの女性の皆さんにお化粧をさせて頂いた。ボランティアの主幹事企業の中の某化粧品メーカーのご指導の下、お一人お一人のお気持ち、「派手にしないでね」「アイシャドーはいいわ」等を尊重しながら、お花見に似合う春らしいメイクをさせて頂いた。最初は「私はいいわ」とおしゃっていた利用者の方もメイクが終わって鏡でご自身のお顔を見ると「アラ、女優さんがいるわ」とにこにこ笑顔になっていた。メイクの力はすごいと思った。
桜が咲き誇る某公園まではホームから徒歩5分といったところだが、段差、坂道が多く、また車の往来も頻繁なため、周りの様子に注意を払いながらの車イスの介助は15分くらいかかり、せめて老人ホームのまわりだけでもバリアフリーにならないものかと感じた。公園で利用者の方とお菓子とジュースを飲みながらのお花見は、ぽかぽか天気の中、心地よい風がほおを伝うとても気持ちのいいものだった。帰り道、独りよがりになっていなかったかな、私でも少しはお役に立てたのかなあ、、、と自問自答しながら帰宅の途についた。


posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

3月の外堀通り【神楽坂百景その174】

IMG_3855.JPG

あと数週間でサクラサク。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

店先のミモザ、まかないこすめにて【神楽坂百景その170】

IMG_3838.JPG

ふわふわの小さなお花たち。
次々に咲き誇る、目にも鮮やかな黄色いお花に元気をもらいました。

★まかないこすめ
http://www.e-makanai.com/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

路地裏で私が見たもの【神楽坂百景その162】

IMG_3676.JPG

右奥は高層マンション、この場所を抜けると寺内公園。
と書けばここがどこかわかる人はわかると思います。
日々の徒然。
今日、図書館で三科博さんが撮った「椅子 Chair・Chaise・Stuhl・Sedia」という写真集を借りて来た。
パリ・ローマをはじめとするヨーロッパの公園や広場などにある椅子やベンチが写されている。
そこには人が一人もいないのだが、
この椅子にはどういう人が座っていたのだろうか、
はたまたこの椅子にはどんな髪の色のどんな色の服を着た人が
似あうのだろうか、
この椅子の座り心地はどうだろう、
この椅子から見える風景はとてもよさそうだ、などとイマジネーションがどんどん広がった。
このように様々な事柄を想起させる写真が私は好きだ。
椅子以外で見る側のイマジネーションを広げる被写体って何だろう。
これからじっくり考えていくことにする。
被写体だけでなく、撮影方法、構図などももちろん関係してくるだろう。
そういえば過去に、私も椅子やベンチを撮ったことがある。
その中で気に入っている2枚はこれ。↓

下記「神楽坂百景」内の写真です。
★リヴ・ゴーシュ前のベンチ(東京日仏学院)【神楽坂百景その22】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/31845674.html
★東京日仏学院の庭にて【神楽坂百景その116】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/70965067.html
-------------------------------------------------------------
下記「神楽坂百景」内の写真で「椅子・ベンチ」に関するものです。
★東京日仏学院の庭にてその3【神楽坂百景その118】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/71955715.html
★アグネスホテルのテラス【神楽坂百景その19】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/32243257.html
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

外堀通りより飯田橋駅方面を臨む【神楽坂百景その160】

IMG_3716.JPG

右端は工事中のタワーマンションですね。
青青すぎて少し冷たい印象になってしまったかな。
方角的にはこちらの下記の写真↓とちょうど正反対になります。

★飯田橋駅より外堀を臨む【神楽坂百景その155】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/111754365.html

前回の記事で「自宅に帰って自分が撮った写真をパソコン上で選んでいる時が
この上なく愉しい」と書きましたが、
「次は神楽坂のどこで何をどんな風に撮ろうかと考えている時」と
「実際に撮影している時」もこの上なく愉しいです。
知人にこのことをメールしたら
「私は仕事が山積みなので今日はさらにどんな仕事が来るんだろうと考えている時と実際に仕事をしている時と徹夜の仕事が終わった時が一番辛いです」
と返事が来ました(笑)
相手が徹夜も辞さない激務の中、私は何とも悠長なメールを送ってしまったわけです。
反省。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

飯田橋駅より外堀を臨む【神楽坂百景その155】

IMG_3643.JPG

今年も残りわずか。
先日、今、話題のCD付き「オバマ演説集」(朝日出版社)を購入。
オバマ次期大統領の演説に大感動。
ストーリー性のある内容と声質、抑揚、間のとりかた・・・
聴き惚れてしまいました。演説の名手といわれるだけありますね。
聴いているだけで元気が出ます。

驚いたことをひとつ。
演説の中で、応援してくれた人や選挙を手伝ってくれた人に
オバマ氏が感謝の気持ちを表している箇所が下記のようにあります。

「この結果を生み出すために皆さんが何かを犠牲にしてきたことに対し、
私は永遠に感謝いたします」(訳:編集部)

今この瞬間だけでなく、感謝の気持ちを「forever」、
「永遠に持ち続ける」という表現にとても心を打たれました。

あまりこちらは更新できなかった1年でしたが、
手帳をふりかえると神楽坂でたくさんの思い出が増えた1年でした。
来年もよろしければ引き続きおつきあいのほどをよろしくお願いします。

では皆様、よいお年をお迎え下さい。

posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 神楽坂 四季折々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。