2009年01月30日

2009年1月の猫その3【神楽坂百景その164】

IMG_3706.JPG

下記の写真と同じ猫です。
ぴゅっと飛んでいきました。

★2009年1月の猫その1【神楽坂百景その156】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/112713964.html
★2009年1月の猫その2【神楽坂百景その159】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/112714535.html

日々の徒然。
このソファ↓↓↓が欲しくて欲しくて500円玉貯金を
はじめました。「機能美」を追求したデザインに魅かれました。寝っころがれるのもいいです。でも400枚貯まらないと買えません。
あと396枚です(笑)

★WEBO ONLINE STORE内「Neil Sofa」
http://www.webo-kobe.com/items/furniture/chair/neil/originalsofa.html

それにしてもこちらのお店の商品はどれもこれも部屋に置いておきたくなる。昨春から使い始めてとても気に入った「COATED」の手帳を年末に買い忘れ、年の背も迫ったとある日にロフト、東急ハンズ等等、歩き回った。しかしながら私の好みのデザイン、色はもはや売り切れていて急遽ネットで調べたら「WEBO ONLINE STORE」にたどり着いた。対応がとても早く、確か商品とともに中に入っていた請求書のデザインまでもがシンプルかつ洗練されていて驚いた。外国の請求書やタクシーの領収書にも共通するデザインのよさを感じた。それにしても外国で発行される印刷物ってなぜあんなにすてきなのだろうか。タクシーの領収書でさえとっておきたくなるような、遊び心あるデザインなのです。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

2009年1月の猫その2【神楽坂百景その159】

IMG_3709.JPG

以前にアップした写真↓↓と上記の写真、どちらをアップしようか悩みました。
どちらも猫の表情がとてもいいと思ったからです。

★2009年1月の猫その1【神楽坂百景その156】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/112713964.html

同じタイミングで撮った同じ被写体、同じ構図の場合は、
いつもだと最後の最後まで悩んで、必ず1枚だけを選んでアップしています。
でも今回は本当に選べなかったので両方アップすることにしました。

私はひとつのものに対して何枚も(時には何十枚も)写真を撮ります。
これは!と思う写真が撮れるまで撮るからです。
(これは!と思える写真が撮れないときもしばしばあり、そのままアップしているものも多数ありますけれど)

そして自宅に帰って自分が撮った写真をパソコン上で選ぶ作業が
この上なく愉しいです。

珈琲を片手に画面とにらめっこしながら
「こっちの写真の方が明るいかな」
「いやこっちの方が細部までくっきりとわかる」
「これは右端に余計なものが映っているなあ」
「この構図、あと3ミリ上にずらして撮ればよかった」・・・
などなど。
頭の中にある神楽坂の情景と重ね合わせ、あっという間に愉しい時間が過ぎていきます。

posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

2009年1月の猫その1【神楽坂百景その156】

IMG_3708.JPG

2009年がはじまりました。

歳を重ねるごとにさまざまな事柄に対する経験値は上がってきますが、
どうも「柔軟性」が欠けてくるような気がしてなりません。
今年はこの神楽坂の猫のように身も心も柔ら〜かく自由に生きていきたいと思います。

それにしても左の瞳、どうしたんだろう、、、。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

路地裏からこんにちは【神楽坂百景色その107】

rojiuranoneko0706.jpg

写真とは全く関係ないが、久々に読みごたえのあるサイトを知った。
何でも今、執筆依頼が殺到している思想家、らしい。

★内田樹の研究室
http://blog.tatsuru.com/

私の持論の一つとして「本当に頭がいい人はユーモアがある」というのがありますが、内田氏もまさにその通り。
そして難かしいことを平易に、そしてウイットに富んだ文章で例え話も交えて書く独特のスタイルは私好み。甲野善紀氏と親交があったりご自身が合気道の武道家だったりと大学教授、思想家という枠にはまることなく活動されている。ハタチを過ぎてからクラシックバレエを習いだした私は身体を意識して鍛えることの有用性を身を持って知った。「私の身体は頭がいい」、じっくり読んでみたい。
東京で講演会があったら絶対行きます。

今日はプライベートな備忘録。たまにはこんな日があっても。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

mugimaru2の猫【神楽坂百景その88】

IMG_1715.JPG

シャッターを切った後、スーッとお店の中に入っていったのできっとお店の猫だと思う。あ!この美人顔、うす沢さんのところにいた「マツ子」かなぁ?

★mugimaru2
http://www.mugimaru2.com/

posted by 春菊 at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

シロクロの猫、石段にて【神楽坂百景その66】

sirokuroneko0706.jpg

実は一眼レフカメラを持つまで猫にあまり興味がありませんでした。
でも今は猫ってとても魅力的なポーズをとるなあと感心してます。
カメラを持つと新たな発見が多いのでそういう意味でも楽しいです。
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

路地裏のトラ猫【神楽坂百景その45】

yokomukineko0702.jpg

アグネスホテル近くにて。
あくびしているのか、はたまた威嚇しているのか。
奥には黒猫。

下記「神楽坂百景」内の写真です
★「ガラス越しの猫【神楽坂百景その20】」
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/32243818.html
★「檸檬色の瞳の黒猫【神楽坂百景その26】」
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/33459876.html
★「アグネスホテル、その温かみある灯り【神楽坂百景その13】」
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/32248815.html
★「アグネスホテルのテラス【神楽坂百景その19】」
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/32243257.html
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。