2010年07月02日

ル・コキヤージュでガレットランチ【神楽坂百景その201】

IMG_4573.JPG

友人一家を神楽坂にご案内。
ワイワイ、ガヤガヤ、楽しくランチ!
今までさまざまな人と神楽坂を歩いているけれど
それぞれに魅かれるところが違って面白い。
★ル・コキヤージュ
http://r.gnavi.co.jp/a728900/
-------------------------------------------------------------
下記「神楽坂百景」内の写真です。
★夜のデザートを、Le Coquillage(ル・コキヤージュ)で【神楽坂百景色その38】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/37451437.html


最近知った、神楽坂にまつわるたわいもない話。

☆第一話「飯田橋に美味しいハンバーグ屋さんがあったとは!」

事の発端は、友人Aが神楽坂で買いたいお菓子があるから連れて行ってくれ、
いうメールからはじまりました。そして夜ごはんはどうしようということになり、
Aに希望を聞いたところ「ズバリ、ハンバーグ!」
う〜ん、飯田橋にハンバーグ専門店はない(と思っていた)からハンバーグを食べるなら
他の街まで移動するしかないよ、と返信しかけようとしたとき、
私の頭にふとこんな言葉がよぎったのです。「調べたみたの?本当にないの?」
そしてネットで検索したところ、ナナナナなんと、ありました!
しかも「東京Vシュラン2」で紹介され「洋食屋さんが選んだハンバーグランキング第3位」
ではないですか!驚き!
そのお店の名前はこちら↓↓↓
★鉄板焼&ステーキ蛮々
http://r.gnavi.co.jp/g365700/
飯田橋の穴場、蛮々。大人のための落ち着いたステーキ&ハンバーグ店。
美味しかった!思いがけず私の知らない神楽坂(飯田橋、東京大神宮近くです)を知るきっかけをつくってくれたAに感謝!

☆第二話「神楽坂通りの菱屋には●●●●●が置いてある!」
皆さんは、神楽坂通りを少々上がって右にある「菱屋」をご存知ですか?
こちらのお店、店先に和柄の靴下やアーミー系の迷彩柄の洋服が置いてあったり、店内にはアロマ系の商品やじゅうたんがあったりと住民や観光客向けの雑貨・インテリア店だとずっと思っていました。しかし、先日、少々違う用途で利用している人がいることを知ったのです。この夏アメリカに遊びに行くBに「アメリカに持って行く“ザ・日本”なお土産を神楽坂で探したい」と言われ一緒にお店巡りをしたときのことです。神楽坂通りを歩いているとBが菱屋さんの店先に「和柄の靴下」があるのを見つけ、あそこのお店にありそう〜ちょっと入ってみようよ!と、ずんずんお店の中に入って行きます。その後ろをついていく私。おそらく10年ぶりくらいに久しぶりに菱屋さんの店内に入った私。そんな私が目にしたものは、、、なんとそこには、「魚へんばかりの漢字を集めたてぬぐい」「大海原で鯨と格闘している海の男達が浮世絵風に描かれたタペストリー」「千代紙でできた扇子のキーホルダー」など、外国人が喜びそうな商品がいくつかあったのです!しかも手頃な値段で!友人Bは「おっ〜いいじゃん、いいじゃん〜!!こういうのが外国ではウケルんだよ〜!」と言って大量買い!後で友人Bが言うにはお店の人が「あなた(B)が買ってくれたほとんどの品物、日仏学院の生徒さんがお土産に買っていくよ。これ外国の方にあげるの?」と聞かれたそうです。なるほど〜そうだったのか!
★菱屋
http://syoutengai.info/kagurazaka/037/

☆第三話「神楽坂は私のパワースポットだ!」
と思い込んでいる私です。実際そうだと思います。。

終わり

posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

目の覚めるような、日仏学院にて【神楽坂百景その192】

IMG_4577.JPG

気がつけばずっと更新していませんでした。
にもかかわらずこのページに来て下さっていた皆様、ありがとうございました、ありがとうございます。

正直、200枚近く撮り続けてくると「あそこも撮ったし」「ここも撮った」「あの名所も撮ったよなあ」と、「まだ撮っていないシーン」かつ「撮りたい衝動にかられる被写体」というのを探すのも難儀になっているなあと感じつつありまして(笑)
そんな中、他の街も少々撮りはじめたのですが、いやいやどうしてとっても難しいのです。それはもしかしてその街をあまり知らないからかなあと考えている今日この頃です。
以前、知り合いのカメラマンの方に「貴方はカグラザカという街をよく知っているのだからそれだけで他のヒトよりも“いい写真”が撮れる可能性がある、優位に立ってるんだよ。技術うんぬんは置いておいて」と有り難いアドバイスを頂いたことがあったのを思い出しました。そのカメラマンさんの話では、北海道だかどこかとても寒い土地にトキだったか他の貴重な鳥だったか失念しましたが、一年に一度飛来してくる瞬間
を待ち構えて撮っている方がいらっしゃってその方の写真はどんなにうまいプロの写真家が撮ってもかなわない、とのことでした。そのときはそんなものなのかなあ、とあまりよく理解できなかったけれど、今になってしみじみなるほどなあと思います。技術うんぬんは置いておいて(笑)

そんなわけでまた神楽坂も撮っていきたいなあと改めて思っている肌寒い、春爛漫の4月です。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

日仏学院は建物の外も中もいい!


★日仏学院
http://www.institut.jp/

-------------------------------------------------------------
下記「神楽坂百景」内の写真です。
★リヴ・ゴーシュ(東京日仏学院)【神楽坂百景その10】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/31843248.html
★リヴ・ゴーシュ前のベンチ(東京日仏学院(【神楽坂百景その22】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/31845674.html
★東京日仏学院にてツタの紅葉【神楽坂百景その111】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/68708104.html
★東京日仏学院にて橙色(だいだいいろ)の葉【神楽坂百景その112】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/69080402.html
★東京日仏学院【神楽坂百景その114】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/69086051.html
★東京日仏学院その2【神楽坂百景その115】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/70960730.html
★東京日仏学院の庭にて【神楽坂百景その116】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/70965067.html
★東京日仏学院の庭にてその2【神楽坂百景その117】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/71955493.html
★東京日仏学院の庭にてその3【神楽坂百景その118】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/71955715.html
★東京日仏学院の庭にてその4【神楽坂百景その119】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/71956552.html
★外堀通りより東京日仏学院を写す【神楽坂百景その157】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/112716267.html
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

日仏学院を外堀公園から写す【神楽坂百景その190】

IMG_4238.JPG

モノクロで写したら外国のよう。「日仏学院の建物」を何度か撮っています。「建築」が好きだから無意識のうちにひきつけられるのかもしれません。

日々の徒然。

そんな「建築萌え」の私のお気に入りはブラジリアにある建物たち。特に国会議事堂。

★ブラジリア(wikipediaより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AA%E3%82%A2
★ブラジル中央高原に広がる人工の新首都「ブラジリア」/川向正人氏(東京理科大学助教授、在コロンビア大学)
http://www.kentikuka-forum.net/column/column01/c005/c005.htm
★ブラジリアへようこそ
http://www.geocities.com/genitolat/Brazil/brasilia/

この国会議事堂は「お椀を伏せた形状の上院、お椀形の下院、そして上、下両院で地球を表す」らしい。ブラジリアはこういった超モダンなデザインの建物ばかりだ。スキのない芸術作品のようでスマートなデザインだけれど機能としてはどうなんだろうか。朝日新聞の別刷の「奇想遺産」に掲載されていた建築史家の藤森照信氏の記事によると「2日であきる“理想の都市”」で、「勤労者や住民にストレスを与える都市」として批判されたこともあるとか。
確かに鑑賞だけならいいけれど実際に住むなら「チルチンびと」に載っているような木のむくもりのある家がいいなあと思う今日この頃。

★風土社(「チルチンびと」を刊行)
http://www.fudosha.com/publication/chilchinbito/cb/cb_056/cb056.html

★日仏学院
http://www.institut.jp/


posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

夜の日仏学院でお相撲さんと遭遇【神楽坂百景色その182】

IMG_4280.JPG

陽が落ちてから日仏学院をふらりと訪れると庭がいつもと違う光景に。
迫力ある写真たちはお相撲さんです。一番左の写真は「マゲ」ですね。
5月11日(月) まで。
それにしてもこういう大きい見せ方、好きだなあ!
全ての写真をものすごく大きく引き延ばして展示する、そういう写真展、いいなあ。もちろん、画質、会場や費用の問題がからんでくるから現実的にはそう簡単にはいかないのでしょうけれど。出力だけで何万、何十万?するかもしれませんね。
でも見る人にはものすごいインパクトだろうなあ、、、。
私もいつか?!いやそんなことは夢にも思っていません!
なぜならこのWEBサイトが私の「開催期間半永久的?、定休日なし、24時間営業の無料写真展、ギャラリー」ですから!(笑)

★「お相撲さん」 フィリップ・マリニグ写真展
http://www.institut.jp/agenda/evenement.php?evt_id=1380
★日仏学院
http://www.institut.jp/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

カー・ヴァンソンのフォンダン・ショコラ【神楽坂百景その163】

IMG_3751.JPG

このフォンダン・ショコラには
「フランス、ゲラント産の塩」と「フランス産、挽きたての白コショー」がついてくる。(右手前)
チョコレイトと塩こしょうなんて、はじめての味わい!
とても濃厚なのでひときれで大満足。
自分へのご褒美にまた買おう。
※カー・ヴァンソンはカフェスペースなし。自宅にて撮影。

★パティスリー カー・ヴァンソン
http://www.k-vincent.com/

下記「神楽坂百景」内の写真です。
★パティスリー カー・ヴァンソン【神楽坂百景その161】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/113053893.html
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

パティスリー カー・ヴァンソン【神楽坂百景その161】

IMG_3751.JPG

ジャン=ポール・エヴァンさんの元で修行されたパティシエの方が開いているお店。「フォンダン・ショコラ」は絶品です。

★パティスリー カー・ヴァンソン
http://www.k-vincent.com/
posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

外堀通りより東京日仏学院を写す【神楽坂百景その157】

IMG_3721.JPG

昨年のクリスマス付近のとある休日。
友人達と「ラ・ブラスリー」でランチをした。
美味しくてボリュームもあって広々とした雰囲気もいい。
窓際の席だったのでお庭が見えたのも二重丸。
わきあいあいと楽しいひとときを過ごす。
その中の一人の友人が
「日仏学院のモダンな建物は
総武線の電車の中から見えるからいつも気になっていた」
という。
日仏学院は奥まったところにあるので、まさか電車の中から建物が
見えるなんて知らなかった。
以来、電車の中から(市ヶ谷〜飯田橋間)目を凝らして毎回この建物をチェックしている私です。
Kさんのおかげで楽しみが増えました、ありがとうね。

この写真は電車の中からではなく、外堀通りから撮ったものですが
雰囲気がわかれば幸いです。

★東京日仏学院
http://www.institut.jp/index.php
★ラ・ブラスリー(日仏学院内)
http://www.institut.jp/services/brasserie/

-------------------------------------------------------------
下記「神楽坂百景」内の写真です。
★リヴ・ゴーシュ(東京日仏学院)【神楽坂百景その10】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/31843248.html
★リヴ・ゴーシュ前のベンチ(東京日仏学院(【神楽坂百景その22】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/31845674.html
★東京日仏学院にてツタの紅葉【神楽坂百景その111】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/68708104.html
★東京日仏学院にて橙色(だいだいいろ)の葉【神楽坂百景その112】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/69080402.html
★東京日仏学院【神楽坂百景その114】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/69086051.html
★東京日仏学院その2【神楽坂百景その115】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/70960730.html
★東京日仏学院の庭にて【神楽坂百景その116】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/70965067.html
★東京日仏学院の庭にてその2【神楽坂百景その117】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/71955493.html
★東京日仏学院の庭にてその3【神楽坂百景その118】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/71955715.html
★東京日仏学院の庭にてその4【神楽坂百景その119】
http://kagurazakahyakkei.seesaa.net/article/71956552.html







posted by 春菊 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂 フランスの薫り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。